乳酸菌サプリ口コミ比較ランキング

乳酸菌と善玉菌

人間の腸内には約100種類、100兆個もの細菌が棲んでおり合計するとその総量は約1kgにもなるそうです。腸内細菌はその働きから善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けることができ、4:3:3の割合で腸内に共生しているバランスが健全であるとされています。このバランスを腸内細菌のゴールデンバランスと言います。

ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌など、いわゆる悪玉菌も本来は体に有害な菌ではありますが免疫システムやビタミン合成に関係し、体にとっては必要な細菌です。しかしながら増えすぎると腸内が汚れ、発ガン性物質の生成、栄養の消化吸収が低下、免疫システムやホルモンバランスを崩すなど体の様々な機能に支障を与えるため善玉菌による抑止が必要になります。

日和見菌は中世的な腸内細菌で腸内の善玉菌が多すぎる時は悪玉菌として、悪玉菌が多いときには善玉菌として働き、善玉菌と悪玉菌の均衡を保ちます。悪玉菌も体にとっては不可欠な存在であるため、常に善玉菌を少し優勢に保ち健康に害を及ぼさないバランスをとります。

乳酸菌は腸内環境を健全にする善玉菌として働きます。多くの場合、体の変調や健康トラブルは腸の不健康に通じるといっても過言ではないほど、腸内環境は健康に関係しています。例えば便秘になると排便がなくてお腹がきゅうくつに感じるだけでなく、代謝が悪くなって肌荒れ、ニキビ、やせにくい、冷えなどを招き、腹部が圧迫されることで吐き気、食欲不振、胃痛、膀胱炎などの症状が出ることがあります。

私たちは取り込んだ有害物質や体内で生成された老廃物の約70%以上を、便を通して体外へ排泄しています。腸の活動が鈍く便秘などによって排泄サイクルが健全でなくなると、体内に毒素がたまり体の不調をきたして健康を害す原因をつくります。有害物質や毒素が腸内に停滞し悪玉菌が活発な腸内環境は、毒素が再吸収されて血液が汚れ、発ガン性物質を生み出し、消化吸収を低下させ、免疫システムやホルモンバランスを崩すなど体に様々な支障を与えます。また悪玉菌は腸の働きを悪くさせるため排泄物が滞り、悪玉菌が腸内環境を汚染する悪循環を生んでしまいます。

善玉菌の乳酸菌は炭水化物などの糖をエネルギーに乳酸を作り出す特性から、活発に働くと腸内環境を酸性に保ちます。酸性の環境では悪玉菌の働きは弱まり腸内環境を健全に保たれ、つまりは全身の健康を増進することにつながっていくのです。その他、乳酸菌の働きは消化吸収を促し、ビタミンを合成して免疫力を上げるなど乳酸菌は腸内で善に働く優れた細菌なのです。

乳酸菌サプリの人気ランキング ※ネット通販で売れている商品はコレだ!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
乳酸菌革命Super 2,800円 1か月分
62粒
2袋以上購入or定期コース購入で無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
ニューヨーク世界発明EXPOで最高賞を受賞し、リピート率も驚異の85.7%を誇る乳酸菌サプリメント「乳酸菌革命Super」。リピーターに支えられて、惜しくも2位にランクインです!
■世界発明EXPOで注目評価されたのは小牧農学博士が発明した「小牧原液」にあり。小牧原液は16種類の乳酸菌と24種類の酵母を一緒に培養し、乳酸菌と酵母が分泌したエキス。耐熱性・耐酸性に優れ、胃や十二指腸で死減せず腸に到達することを可能にしています。
生活習慣の乱れや慢性的な体の不調を抱える方に特にオススメ。「朝から爽快に過ごしたい方」「スキンケアにお悩みの方」「ニオイを気にしたくない方」にもオススメです。
■通常購入は1ヵ月分62粒で2,800円(税込)ですが、定期購入でお得な20%オフに♪


>>>公式申し込みページへ進む


  ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 乳酸菌サプリ口コミ比較ランキング All Rights Reserved.
 [乳酸菌の基礎知識] 乳酸菌とは 種類 効果 選び方 多い食品 増やすには 腸に届く乳酸菌 植物性乳酸菌 植物性乳酸菌と動物性乳酸菌 乳酸菌と放射能 おすすめの乳酸菌 ピロリ菌
 ヨーグルト 善玉菌 新型乳酸菌 乳酸菌の役割 妊婦に良い? 赤ちゃんに良い? 温めると(加熱すると) 冷凍すると 培養方法 副作用はあるの? 歴史 死滅温度 増殖速度・温度
 抗生物質服用時の乳酸菌  [乳酸菌の効果] アレルギー おなら 花粉症 コレステロール 歯周病 体臭 糖尿病 ニキビ 不妊 口臭 便秘 美容 中性脂肪 ダイエット アトピー予防
 蓄膿症 大腸の関係 腹痛改善 下痢予防 疲労回復 インフルエンザ予防 蕁麻疹 高血圧改善 免疫力向上 メタボ予防 虫歯予防 老化防止 体脂肪分解 長寿 腸内細菌
 喘息改善 [関係のある成分] ビフィズス菌との違い ビオフェルミン チーズ 乳酸菌の医薬品 オリゴ糖 プロバイオティクス プロテイン キャベツ ビタミン クエン酸 タンパク質
 炭酸カルシウム マッコリ 酵素 グルコース [様々な種類] FK-23 LB81 LG21 L92 BB536 LGG BB12 L55 R-1 シロタ株 ガセリ菌 フェカリス菌