乳酸菌サプリ口コミ比較ランキング

乳酸菌を温めると(加熱すると)

ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取しようと思っても、加熱処理したら乳酸菌は菌だから死滅してしまって、そもそもヨーグルトを食べても乳酸菌が摂取出来ずに意味がないのではと思ってしまいますね。細菌の滅菌処理等を想像すると熱で乳酸菌死滅と考えがちですが、加熱処理の方法によっては死滅せずに乳酸菌を生かせる場合があります。

乳酸菌が熱に弱い事は確かですが、それは温度によります。およそ63℃以上で乳酸菌は死滅してしまうそうです。ですからヨーグルトを加熱して食べる際には63℃未満で温めると、生きた乳酸菌を摂取する事が可能です。摂氏63℃というと、体温よりもかなり高め、お風呂でも42〜43℃ですから、かなりあつくなっていると感じる温度です。冷たいものが苦手な方でもこれなら安心して生きた乳酸菌を食べる事が出来ますね。

電子レンジでヨーグルトを温める際に、うっかり63℃を越えてしまう場合があります。すこし低めの温度設定にして加熱時間を短めにすると、適度な温度で乳酸菌を死滅せずにすむと思います。50℃前後の人肌よりも暖かに感じる程度でも充分に冷たくないですし、お穴かに入った後の乳酸菌の効果を損なう事はありません。温め方は電子レンジの場合、耐熱容器にヨーグルトを入れてふたをせずに加熱するという方法になります。

しかしおすすめなのは、湯煎です。お湯を沸かして、耐熱ガラスに入れたヨーグルトをそっと浮かべます。お湯を沸騰させたままではあっという間に63℃を越えてしまいますから、お湯は火から下ろして別の容器に移してから、湯煎をしましょう。このとき温度を測るのを忘れずに。大切な事は冷たいヨーグルトで体が冷えなければ良いということと、人肌に温められた乳酸菌やカルシウムの方が腸内で活発に活動してくれるということです。

とにかく温かい乳酸菌の摂取は、冷えや冷えによる腹痛を起こしやすい女性の方には嬉しい方法です。乳酸菌とカルシウムの働きが活発になると、脂肪の蓄積がされにくくなりますから、ダイエットになります。ヨーグルト以外にも、温野菜や白湯など体を冷やさず温めるという食生活や生活習慣は体によいですね。冷たいヨーグルトのような乳酸菌含有食品から乳酸菌を接種する方法の他に、タブレットタイプの乳酸菌サプリメント等も多く市販されていますから、そういったものを取り入れると体を冷やさず乳酸菌を摂取出来ます。自分の体質に合わせて、毎日乳酸菌を摂取しましょう。

乳酸菌サプリの人気ランキング ※ネット通販で売れている商品はコレだ!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
乳酸菌革命Super 2,800円 1か月分
62粒
2袋以上購入or定期コース購入で無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
ニューヨーク世界発明EXPOで最高賞を受賞し、リピート率も驚異の85.7%を誇る乳酸菌サプリメント「乳酸菌革命Super」。リピーターに支えられて、惜しくも2位にランクインです!
■世界発明EXPOで注目評価されたのは小牧農学博士が発明した「小牧原液」にあり。小牧原液は16種類の乳酸菌と24種類の酵母を一緒に培養し、乳酸菌と酵母が分泌したエキス。耐熱性・耐酸性に優れ、胃や十二指腸で死減せず腸に到達することを可能にしています。
生活習慣の乱れや慢性的な体の不調を抱える方に特にオススメ。「朝から爽快に過ごしたい方」「スキンケアにお悩みの方」「ニオイを気にしたくない方」にもオススメです。
■通常購入は1ヵ月分62粒で2,800円(税込)ですが、定期購入でお得な20%オフに♪


>>>公式申し込みページへ進む


  ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 乳酸菌サプリ口コミ比較ランキング All Rights Reserved.
 [乳酸菌の基礎知識] 乳酸菌とは 種類 効果 選び方 多い食品 増やすには 腸に届く乳酸菌 植物性乳酸菌 植物性乳酸菌と動物性乳酸菌 乳酸菌と放射能 おすすめの乳酸菌 ピロリ菌
 ヨーグルト 善玉菌 新型乳酸菌 乳酸菌の役割 妊婦に良い? 赤ちゃんに良い? 温めると(加熱すると) 冷凍すると 培養方法 副作用はあるの? 歴史 死滅温度 増殖速度・温度
 抗生物質服用時の乳酸菌  [乳酸菌の効果] アレルギー おなら 花粉症 コレステロール 歯周病 体臭 糖尿病 ニキビ 不妊 口臭 便秘 美容 中性脂肪 ダイエット アトピー予防
 蓄膿症 大腸の関係 腹痛改善 下痢予防 疲労回復 インフルエンザ予防 蕁麻疹 高血圧改善 免疫力向上 メタボ予防 虫歯予防 老化防止 体脂肪分解 長寿 腸内細菌
 喘息改善 [関係のある成分] ビフィズス菌との違い ビオフェルミン チーズ 乳酸菌の医薬品 オリゴ糖 プロバイオティクス プロテイン キャベツ ビタミン クエン酸 タンパク質
 炭酸カルシウム マッコリ 酵素 グルコース [様々な種類] FK-23 LB81 LG21 L92 BB536 LGG BB12 L55 R-1 シロタ株 ガセリ菌 フェカリス菌