乳酸菌サプリ口コミ比較ランキング

乳酸菌の培養方法

乳酸菌を毎日摂取する事は腸内を健康に保つ為には欠かせない事と言えます。その乳酸菌を毎日摂取するだけでなく、自身で培養してみたいと思っている方、既に培養しているという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。ここでは乳酸菌の培養方法に関していくつか紹介してゆきたいと思います。乳酸菌といっても様々な種類の乳酸菌があります。ですので細かく見てゆくとどの乳酸菌を培養したいのかによって培養方法が異なるそうです。しかし家庭で出来る範囲であると、ある程度限られてくるでしょう。まず乳酸菌食品として身近なヨーグルトの製造方法をご紹介します。

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌が寄生してできるものです。菌の寄生は乳酸菌のような善玉菌だけとは限りません。悪玉菌の寄生増殖を防ぎながら乳酸菌を培養させなかればなりません。まずヨーグルト製造に使用する道具を熱湯による滅菌処理します。大腸菌などは75℃1分以上の加熱で死滅します。

材料となる牛乳は使用直前に開封します。牛乳は牛乳パックを開封しないまま電子レンジに横たえ、1分20秒ごとに計3回、約4分程向きを変えながら温めます。そして使用時に40℃付近の状態にします。そしてヨーグルトメーカーを使用します。ヨーグルトメーカーは牛乳パックをそのまま使うタイプのものが初心者にはお勧めのようです。温めた牛乳パック内にスターターとなるヨーグルトもしくはヨーグルト菌をいれてヨーグルトメーカー内で培養させます。

ヨーグルトの培養から乳酸菌培養する方法の他に、米のとぎ汁から乳酸菌を培養する方法もあります。これは米乳酸菌を培養する方法です。米乳酸菌を培養するには、乳酸菌、酵母、糀が生息している精米して間もない新しい米のとぎ汁を使用するのがポイントだそうです。お米をといだらとぎ汁をペットボトルに入れて培養のスタートです。季節や置く場所にもよりますが1週間程でとぎ汁が酸っぱくなったら完成です。粗塩や黒砂糖を少量いれておく事で、1ヶ月ほど保存がきくようになります。このとぎ汁乳酸菌を噴霧して吸い込むと体内に取り込まれた放射性物質を除去に効果的であるといわれています。また豆乳にいれて自家製の豆乳ヨーグルトを作ったという話も聞きます。自家培養する事で乳酸菌の利用範囲は広がるようです。乳酸菌は健康の為に毎日摂るものだから、せっかくならこだわって自分の乳酸菌を作ってみるというのも良いのではないでしょうか。

乳酸菌サプリの人気ランキング ※ネット通販で売れている商品はコレだ!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
乳酸菌革命Super 2,800円 1か月分
62粒
2袋以上購入or定期コース購入で無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
ニューヨーク世界発明EXPOで最高賞を受賞し、リピート率も驚異の85.7%を誇る乳酸菌サプリメント「乳酸菌革命Super」。リピーターに支えられて、惜しくも2位にランクインです!
■世界発明EXPOで注目評価されたのは小牧農学博士が発明した「小牧原液」にあり。小牧原液は16種類の乳酸菌と24種類の酵母を一緒に培養し、乳酸菌と酵母が分泌したエキス。耐熱性・耐酸性に優れ、胃や十二指腸で死減せず腸に到達することを可能にしています。
生活習慣の乱れや慢性的な体の不調を抱える方に特にオススメ。「朝から爽快に過ごしたい方」「スキンケアにお悩みの方」「ニオイを気にしたくない方」にもオススメです。
■通常購入は1ヵ月分62粒で2,800円(税込)ですが、定期購入でお得な20%オフに♪


>>>公式申し込みページへ進む


  ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 乳酸菌サプリ口コミ比較ランキング All Rights Reserved.
 [乳酸菌の基礎知識] 乳酸菌とは 種類 効果 選び方 多い食品 増やすには 腸に届く乳酸菌 植物性乳酸菌 植物性乳酸菌と動物性乳酸菌 乳酸菌と放射能 おすすめの乳酸菌 ピロリ菌
 ヨーグルト 善玉菌 新型乳酸菌 乳酸菌の役割 妊婦に良い? 赤ちゃんに良い? 温めると(加熱すると) 冷凍すると 培養方法 副作用はあるの? 歴史 死滅温度 増殖速度・温度
 抗生物質服用時の乳酸菌  [乳酸菌の効果] アレルギー おなら 花粉症 コレステロール 歯周病 体臭 糖尿病 ニキビ 不妊 口臭 便秘 美容 中性脂肪 ダイエット アトピー予防
 蓄膿症 大腸の関係 腹痛改善 下痢予防 疲労回復 インフルエンザ予防 蕁麻疹 高血圧改善 免疫力向上 メタボ予防 虫歯予防 老化防止 体脂肪分解 長寿 腸内細菌
 喘息改善 [関係のある成分] ビフィズス菌との違い ビオフェルミン チーズ 乳酸菌の医薬品 オリゴ糖 プロバイオティクス プロテイン キャベツ ビタミン クエン酸 タンパク質
 炭酸カルシウム マッコリ 酵素 グルコース [様々な種類] FK-23 LB81 LG21 L92 BB536 LGG BB12 L55 R-1 シロタ株 ガセリ菌 フェカリス菌